[PR] 美容整形


::: Viva La Raza :::

[Ultima Online]飛鳥で遊んでます。ボスソロとか、たまにあるけど、基本的に"うおバカ日誌"です。
[Tales Weaver]ミストラル鯖。カンストぴん子とナヤのLv上げ日記とかレア出た話とかです。

管理人:なち
居候:まう
CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
UO[OMG商店街]
お店の所在や取扱品については
コチラをご覧ください

Twitter-widget
おしゃべり
初見さんもお気軽にどうぞ。(^^)
遊びのお誘いや傭兵オファーも歓迎です。
でもキャラ出せるのは飛鳥限定ですm(._.*)m

おしゃべり(予備)
NEW ENTRIE
RECENT COMMENT
CATEGORIE
ARCHIVE
LINK
PROFILE
EA GAME
(c) Electronic Arts Inc. Ultima, the UO logo, Britannia, EA GAMES and the EA GAMES are trademarks or registered trademarks of Electronic Arts Inc. in the U.S. and/or other countries. All rights reserved.
OTHERS
<< [UO] Doom便利マクロとDoom Night次回予告 | main | [UO] 伝説級などう見てもメイジ >>
[UO] 瞑想可マナコス40 vs 瞑想不可マナコス55 第2回
おまままうす。

「第2回 FSを連射する」の巻。

少数第三位で四捨五入しているので、誤差があります。
が、軽微なものと思われます。

計算ミス、ロジックミスがあるかもしれません。
お気づきの方はお手数ですがご指摘お願いします。



■FSを連射する、とは
攻撃魔法は回復魔法に比べて消費マナが大きいので、
マナコストの恩恵が比較的大きい。
そういう魔法を連射する場合のマナ事情を考えてみる。



■言葉の定義と共通条件
瞑想タイプ=瞑想可、マナコス40、瞑想100
集中タイプ=瞑想不可、マナコス55、集中100

能動瞑想タイプ
 =基本は瞑想タイプと同じで、マナ枯渇したら
   能動瞑想でマナ全快してから行動再開する

種族は人間
INT150
マナ200
装備マナ回復30



■スペルの基本情報
・消費マナ
 FS基本消費マナ:40
 マナコス40時:24
 マナコス55時:18

・詠唱時間
 FS基本詠唱時間:2.25秒
 FC2時:1.75秒
 ※積極的に魔法撃つ人はFC入れるのかな?と思って。
   自分は援護オンリーのプロテク派なのでよくわからず。

・詠唱待機時間
 魔法スキル系スペルの基本詠唱待機時間:1.5秒
 CR5時:0.25秒
 ※CR6で即詠唱すると空撃ちになるバグがあるため。



■各タイプの基本情報
瞑想タイプ
 FS消費マナ:24
 1秒あたりのマナ回復量:2.8
 FS 1発分のマナ回復に要する時間:8.57秒

集中タイプ
 FS消費マナ:18
 1秒あたりのマナ回復量:1.9
 FS 1発分のマナ回復に要する時間:9.47秒



■秒単位シミュレーション
詠唱(1.75秒)>開放>詠唱待機(0.25秒)>再詠唱、
このサイクルを2.00秒と仮定する。




ああもう細かいなあ!

・ダイジェスト
 022秒 FS10発で2秒サイクル破綻(瞑想タイプ)
 028秒 FS13発で2秒サイクル破綻(集中タイプ)
  以降、瞑想タイプがほんの少しずつ追い上げ
 250秒 FS37回目開放(瞑想タイプ)
 250秒 FS37回目開放(集中タイプ)
  以降、瞑想タイプがほんの少しずつ差を広げていく

マナ枯渇以降、瞑想タイプは3分で21発、集中タイプは19発。
まぁ誤差っちゃ誤差なのかも知れない?

プチ結論。
瞑想タイプは250秒で集中タイプを抜く。




■能動瞑想を活用する
瞑想タイプが能動瞑想を挟むと、より有利になる。
便宜上この行動パターンを能動瞑想タイプとする。

マナ枯渇して「あれ?マナ足りないや」と気づいて
瞑想開始するまでのラグを2秒と仮定する。

能動瞑想の失敗は考慮しない。
失敗時は10秒で12マナ=FS0.5発分の誤差が生じる。

もっと余裕のある運用をした場合、
マナ回復とマナ消費のサイクルが短くなるだけ。

能動瞑想タイプ
 FS消費マナ:24
 1秒あたりのマナ回復量:2.8
 1秒あたりのマナ回復量:4.0(能動瞑想時)
 FS 1発分のマナ回復に要する時間:8.57秒
 FS 1発分のマナ回復に要する時間:6.00秒(能動瞑想時)



・ダイジェスト
 022秒 FS10発で2秒サイクル破綻、能動瞑想開始
  ここから小休止

 068秒 マナ全快、FS11回目詠唱
 070秒 FS11回目開放
 070秒 FS18回目開放(集中タイプ)
  ここから再び追い上げ

 088秒 FS20回目開放
 089秒 FS20回目開放(集中タイプ)
 090秒 FS20発で2秒サイクル破綻、能動瞑想開始
  集中タイプに追いついたところで小休止

  以降、1発分のマナ回復所要時間は瞑想タイプが勝るので、
  切りの良いところで能動瞑想を切り上げれば・・・
  という条件付きで、実質的には能動瞑想タイプが先行。
  見かけ上は一進(連続開放)一退(能動瞑想中に抜き返される)。

 135秒 マナ全快、FS21回目詠唱
 136秒 FS25回目開放(集中タイプ)
 137秒 FS21回目開放
  ここから再び追い上げ(一進)

 155秒 FS27回目開放(集中タイプ)
 156秒 FS30回目開放
 157秒 FS30発で2秒サイクル破綻、能動瞑想開始
  追い抜いて小休止、その後また抜き返される(一退)
  しばらくこんな



 269秒 FS39回目開放(集中タイプ)
 272秒 マナ全快、FS41回目詠唱
 274秒 FS41回目開放
 278秒 FS40回目開放(集中タイプ)
  見かけ上でも完全に追い抜いた瞬間。
  能動瞑想完了した時点で、集中タイプが抜き返せていない。

マナ枯渇以降は69秒サイクルでFS10発、3分あたり26発。
集中タイプ19発に比べると誤差じゃ済まない感じ。

プチ結論
能動瞑想タイプは88秒で集中タイプを抜く。




■最大マナが低い場合
集中タイプはマナ枯渇後は追い上げられるだけなので、
スタート時のマナ(最大マナ)が少ないほど不利と考えられる。

最大マナ200→150に条件変更した場合。



・ダイジェスト
 016秒 FS7発で2秒サイクル破綻(瞑想タイプ)

 016秒 同じく破綻、能動瞑想開始(能動瞑想タイプ)
 020秒 FS9発で2秒サイクル破綻(集中タイプ)
  仲良く破綻

 058秒 FS13回目開放(集中タイプ)
 059秒 
FS13回目開放(能動瞑想タイプ)
 061秒 FS14回目開放(能動瞑想タイプ)
 062秒 
FS13回目開放(瞑想タイプ)
  能動瞑想タイプが集中タイプを追い抜く

 103秒 FS18回目開放(能動瞑想タイプ)
 105秒 FS18回目開放(瞑想タイプ)
 106秒 FS18回目開放(集中タイプ)

  瞑想タイプが集中タイプを追い抜く

集中タイプが瞑想タイプに追い抜かれるまでの時間は、
マナ200で250秒、マナ150だと105秒。
集中タイプが能動瞑想タイプに追い抜かれるまでの時間は、
マナ200で88秒、マナ150だと59秒。

プチ結論
高マナであるほど、集中タイプは長く優位性を保てる。




■詠唱が遅い場合
FS 1発分のマナ回復に要する時間は
当然ながら瞑想タイプの方が集中タイプより短い。
低FC=詠唱に時間がかかるということは、
瞑想タイプがマナ回復の猶予を得て追い上げやすくなり、
僅かながら有利になると考えられる。

が、経過時間で回復するマナ量は一定なので、
これはFCの差で間延びした時間に回復するマナを
一瞬前借りしているに過ぎない。

マナ枯渇前に瞑想タイプが追いつくには、
この前借りマナでは全く足りない。
全体的に1発あたり0.5秒ずつ後ろにずれ込むだけで、
間延びしたぶん枯渇までに1発多く撃てるかどうか。

マナ枯渇後は1発分のマナ回復に数秒を要するため、
この0.5秒の間にもう1発分が貯まることはあり得ない。
毎回開放が0.5秒遅れ、マナ回復待ちが0.5秒短くなるだけ。

と言うかFCゼロを基準とすれば、
FC2の時は0.5秒ずつ前倒ししたために
枯渇が早くなってしまう、と考えた方が解りやすいか。
どちらにしろ追いつけるのはだいぶ先。

プチ結論
FCによるサイクルの違いはほぼ無視できる。




■装備マナ回復が低い場合
装備マナ回復20での1秒あたりのマナ回復量は、
瞑想タイプ2.5マナ、集中タイプ1.7マナ。

 FS 1発分のマナ回復に要する時間は、
  瞑想タイプ 24/2.5=9.6秒
  集中タイプ 18/1.7≒10.59秒
 その差は0.99秒。

 マナ回復30の場合、
  瞑想タイプ 24/2.8=8.57秒
  集中タイプ 18/1.9≒9.47秒
 その差は0.9秒。

マナ回復30では瞑想タイプが0.9秒ずつ差を詰めるのに対し、
マナ回復20では0.99秒ずつ詰めるので、
僅かながら瞑想タイプの追い上げが早くなる。

プチ結論
装備マナ回復が高いほど、集中タイプは若干有利。




■考察1
最大マナ200、マナ回復30と
集中タイプに有利な条件下において、
マナコス55の優位性は250秒37発、
能動瞑想を使える環境では88秒20発。

最大マナ150では105秒18発、
能動瞑想を使える環境では59秒13発。

マナ効率において、この範囲内であれば集中タイプが勝る。
これを超えると瞑想タイプが勝る。

■考察2
マナ枯渇までの間に限れば、
集中タイプはマナコス55の恩恵により攻撃回数に優れる。
瞑想タイプが先にマナ枯渇することから、
この恩恵は瞑想タイプのマナ回復速度という利点を上回る。

よって、

 ・マナ枯渇までに戦闘が終わる
  (瞑想タイプの利点が全く活かせない)

 ・戦闘が断続的で、マナ全快できるインターバルがある
  (瞑想タイプはインターバルが短くて済むが、
   十分な回復時間があれば優位性はなくなる)

 ・高抵抗が求められる環境である
  (瞑想タイプは死ぬかもしれない)

 ・ステルスする気なし。

といった状況下では、集中タイプが勝ると考えられる。
と言うより、瞑想タイプであるメリットがない。



■結論
結論と言っても一概に優劣を付けられるものではなく、
数字を参考にプレイスタイルに応じて判断するしか・・・

わかんない!って人向けにざっくり言ってしまえば、

 後ろから安全に砲台気持ちいい → 能動瞑想タイプ
 250秒を超える長時間戦闘でマナかつかつ → 瞑想タイプ
 断続的な短時間戦闘、乱戦での生存優先 → 集中タイプ

例えば自分は攻撃砲台になる機会がまず無く、
また長時間かつマナが枯渇するほどの戦闘は滅多にしないので、
乱戦に飛び込める集中タイプを選ぶ。
が、ステルス必須なので瞑想タイプにせざるを得ない。

こんなところでしょうか。
あくまで攻撃主体の場合のはなし。



第2回はここまで。
あってるかなぁ。
変なとこないかなぁ。
不安だ。



次はGH連射のはなし。
FS連射とはまた違った運用が見えた。

(Written by Mau)


UO(考察:その他) | 19:48 | comments(0) | trackbacks(0) | mau |
スポンサーサイト
- | 19:48 | - | - | スポンサードリンク |
コメント
コメントする









トラックバック URL
http://pony-puff.jugem.jp/trackback/1164
トラックバック